ニキビをちゃんと治したい方必見!実際にやって効果のあった方法

MENU

大人ニキビに悩まされる日々

10代の頃、周りの友達が結構ニキビで悩んでいたり、気にしてメイクで一生懸命隠してたのを横目に、私は全くニキビができることがありませんでした。

 

そのときは、肌がキレイでよかった!とちょっと鼻が高いような気持ちでいました。

 

しかし、大人(社会人)になってからニキビに悩むようになってしまいました。しかも、私の記憶だと学生時代にニキビに悩んでいる子たちは1ヶ月くらいで治っていた気がするのですが、私の場合はもっとやっかいでした。

 

大人になるとメイクをしたり、一人暮らしなどで食生活も乱れがちだし、若い頃よりも肌を修復する力も落ちているからか、結構しつこく残ることが多かったです。

 

私の場合はあごの下にできることが多く、結構目立つので、毎朝テンションが下がってしまいました。連休明けなど、生活サイクルが乱れた時に必ずといっていいほどできました。

 

休みの日は極力何もしない、いわゆる肌断食を試したこともありましたが効果はありませんでした。

 

女性でしたら経験があるかと思いますが、肌の調子が悪い方を見ると、どうしたのかなぁ?プライベートがうまくいってないのかなぁ?など思ったり、また思われたりしていないか気にすることも少なくないと思います。

 

生活サイクルをきちんとするだけで治るかなと思いつつ、なかなかそれができないので、簡単かつ継続できそうな方法を探してみることにしました。

ニキビケアとして食生活と洗顔料の見直しを実施

肌を綺麗にするにはまずは食生活からと思い、当時人気のあった1日分の野菜が摂取できるという野菜ジュースを飲んでみることにしました。

 

野菜ジュースは学生時代に7年ほど毎日継続して飲んでいたことがあり、その間大きな病気もしなかったので、何かしらの効果はあるのでは?と期待した部分が大きいです。

 

また、ビタミンなどの栄養素を摂取しても、バランスが良くないときちんと働かない旨の記事をどこかで目にしたことがあり、1日に必要な野菜を摂取すればバランスをとれるのでは?と思ったのも動機のひとつです。

 

若い頃は肌トラブルがあると、スキンケアのラインナップを全て変えたりしていました。

 

思春期のニキビの場合は皮脂が原因なので、コスメを変えると言うのも効果があったと思います。

 

でも、大人ニキビの場合は生活リズムや食生活など乱れによって肌のターンオーバーに悪影響が出た時にできやすいと聞いたので、コスメよりもまず食生活に重点を置いたのです。

 

ただ、いくら栄養が大切と言っても、できるだけ早く治すには今すでにできてしまっているニキビの炎症を抑えることも大事だと感じていたので、スキンケアとしてはニキビ用の洗顔石鹸を使うようにしていました。

 

おすすめの石鹸はこちら 赤ニキビにおすすめの洗顔料!治らないのは間違った洗顔が原因?

 

とにかく刺激をしてニキビを悪化させてしまわないように、そしてターンオーバーを改善するためにも優しく洗うことを心掛けました。

意外なほど効果があった

1ヶ月ほど飲み続けてみて、なんとなくいつもより治りが早く感じ、しばらく飲んでおりました。

 

すると、肌がきれいになったと言われるようになりびっくりしました(それまでが汚かったというのもあるんですが・・)。

 

嬉しい副作用?として、野菜ジュースによる満腹感で食事量が少し減ったために体重も落ち、会社の同僚にどんなダイエットをしたのか聞かれるほどでした。

 

食品メーカー勤務でしたので常に試食を繰り返す毎日、肌や体型のことを女性社員は気にしていたので、あっという間に流行し、個人差はありますが効果があったと言ってくださった方もたくさんいらっしゃいました。

 

今考えてみると、ニキビが治ったのではなく、ニキビができにくい強い肌になったのかなぁと思います。

 

今でももちろん、飲み続けています。

 

体重も大学時代からほとんど変わらず、もはや必需品になっています。

自分に合った方法がベスト

私がニキビに悩んだ時に実践した方法の一部分を紹介しましたが、もしも思春期ニキビだったら同じことを実践しても効果を得られなかったでしょう。

 

つまり、世の中にはニキビに悩んでいる人を惑わすさまざまなテクニックや商品があふれていますが、結局のところその方法が自分のニキビの原因にしっかりアプローチしてくれているかが重要なのです。

 

そのため、しっかりと自分の肌の状態や生活習慣を観察して、どんな理由でニキビができやすくなってしまっているのかを自分なりに把握することがとても大切なのです。